一般社団法人おもてなしランナー協会

レポート

2017.12.14
【イベントレポート】オリンピアン・パラリンピアン アスリートトークショー&伴歩・伴走体験「皇居ウォーク&ラン」

一般社団法人おもてなしランナー協会スペシャルイベント

オリンピアン パラリンピアン アスリートトークショー&伴歩・伴走体験「皇居ウォーク&ラン」


20171210(日)一般社団法人おもてなしランナー協会スペシャルイベント 伴歩・伴走体験「皇居ウォーク&ラン」を開催しました。

  

アスリートトークショーでは、バルセロナオリンピック陸上代表の渡邉高博氏と2016年のリオパラリンピックに出場した高田千明氏(走幅跳8位入賞)をお迎えし、実際にオリンピック・パラリンピックに出場されて、各国で受けた印象に残る「おもてなし」や現地で実際に困ったこと、オリンピック・パラリンピックの裏話、2020年に開催国である日本で観光客を迎える立場として、私達がどのようなマインドを持つと良いか、などをお話しいただきました。

 

「伴歩・伴走体験 皇居ウォーク&ラン」では、高田千明さんありデフリンピアンの高田裕士さんに視覚障がい者をガイドする際の心構えや方法をご指導いただき、実際に半蔵門から国会前の前庭公園を往復し、伴歩と伴走の実践を行いました。視覚障がい者と誘導パートナー(ガイドヘルパー)にとって大切なことは「コミュニケーション」「信頼関係」ということを教えていただき、実際に実践することによって「相手の目になる」になり、情報を伝えることの責任と重要性を実感し、相手の気持ちに寄り添うことの大切さを体感しました。2020年に向け、参加者の気運が高まる有意義なイベントになりました。


【開催概要】

■日時:2017年12月10日(日)13:00~16:00

■会場:半蔵門ランナーズサテライトJOGLIS/TOKYO FM正面玄関等

■参加人数:約30名

■主催:一般社団法人おもてなしランナー協会

■後援:千代田区、一般社団法人千代田区観光協会、社会福祉法人千代田区社会福祉協議会

■協力:大塚製薬株式会社、シェーン英会話、一般社団法人全国外国語教育振興協会、皇居周辺ランナーサポート施設・ランニングクラブ等連絡会


※本イベントは千代田区の東京オリンピック・パラリンピック気運醸成事業交付金対象事業です。